ヴィーナスカーブは下痢になる?

歪んだ骨盤はスタイルに影響するばかりか、内臓の機能を低下させてしまい便通にまで影響を及ぼします。

でも、骨盤矯正をしようとして整骨院に通ったとしても、1度や2度で終わることもなく何度も足を運ばなくてはなりません。

忙しい中でその時間を作ることは厳しいですし、費用面でも負担となってしまいます。

そんな方に嬉しいのが骨盤矯正ガードルヴィーナスカーブ。

1度購入してしまえば、それ以降は費用が掛かることもなく、使い方もとっても簡単。

夜寝る時に履いて過ごすだけでいいんです。

こちらにも詳しく載っていますよ!

⇒ヴィーナスカーブは履き方を間違えると効果が半減?

1日中履いていなきゃダメっていうタイプの加圧下着もありますが、ヴィーナスカーブなら寝る時だけでもいいから使いやすいんです。

骨盤矯正で下痢?

でも、骨盤矯正をすると下痢になるという噂を聞きました。

だったらヴィーナスカーブでも同じことが起きるのではないでしょうか?

もしそうだったら、毎晩お腹が下って起こされるようになったら寝不足でツラくて大変ですね。

そこでいろいろと調べてみたところ、骨盤矯正と下痢には関係がある事がわかりました。

冒頭でも書いていますが、骨盤の歪みは内臓の機能を低下させてしまう事があります。

なので、骨盤を矯正する事自体は悪いことではありません。

しかし、人間の身体というのは面白いもので、何かの症状が改善する際に、ちょうどいいところを通り越してその先まで行ってしまう事があるんですね。

どういう事かというと、便秘がちの人が骨盤矯正によって改善する事があります。

でも改善する際に、良くなりすぎて便通が正常になるところを通り越して酷い下痢を起こす事があるのです。

好転反応と呼ばれる症状ですね。

好転反応?

これは、体が正常な状態に戻るために起こる、一時的に症状が悪化したような状態になることです。

体内の不要なものを頑張って排出している股間でもあるのですが、あまり強い症状だとびっくりしてしまいます。

通常は数日で治まるはずですので、症状が強い時にはヴィーナスカーブの着用を休んでもいいでしょう。

つまり、ヴィーナスカーブによって骨盤矯正の効果が表れたなら、下痢の症状が出る可能性もあるという事ですね。

身体の正常な反応ですので、安心して下さい。

健康になろうと身体が頑張っている時だと考えて、冷静に過ごして下さいね!

ヴィーナスカーブには他にも嬉しい効果がたくさんあります。

こちらでチェックしてみて下さい。

⇒ヴィーナスカーブの効果はこちら