ヴィナスカーブが丸まるのはナゼ?

骨盤矯正ガードルのヴィーナスカーブは、履いた瞬間からスタイルアップと言われています。

SNSでも話題となっているので、その効果は期待できると思われます。

使い方も非常に簡単で履いて寝るだけなのですが、その効果を最大限に発揮させたければ日中も履いた方が良いとされています。

ですが、日中履くのはちょっと…という方がいるようなのです。

そしてその理由が『丸まる…』という事でした。

丸まるとはどういう事なのか?

洗濯したら丸まるの?

実は違いました。

履いているうちに、ウエストや太もものところの裾がくるくると丸まるというのです。

そんなことが起きるんだぁ…って思いながら、なぜそんなん事が起きるのかなって調べてみたところ、矯正下着ならではの原因がある事がわかりました。

それは、自分に合っているサイズを選んだかどうかに原因がありそうです。

たとえばこの女性達、

https://www.instagram.com/p/Br4oXyTlA2Y/

https://www.instagram.com/p/BrFJi4zgOBz/

スタイルが良くて、ヴィーナスカーブを使う必要ないんじゃないの?って思うくらいです。

これだけスリムだと、余計なお肉なんてないように見えますね。

でも、余計なお肉が気になっている人が履くと、ヴィーナスカーブにお肉が乗っかる事になります。

お肉に押されて丸まる?

そのお肉に押されて丸まるのです。

でも、お肉に押されるのは、そもそもサイズが合っていない事が考えられますね。

自分の体に合ったサイズを選べば、丸まる事もなくなるはずです。

もし、それでも丸まるというのでしたら、あとは猫背で過ごしているとか、ピッタリしたパンツのせいで丸まるという事が考えられます。

猫背のように前屈みの姿勢でいると、どうしてもヴィーナスカーブの前側に負荷がかかって丸まる原因になってしまいます。

せっかく骨盤矯正によってスタイルアップを目指しているのですから、日頃の姿勢にも気を付けるようにしましょう!

その方がヴィーナスカーブの効果が発揮されやすくなります。

また、ピッタリしたパンツを履いていると、日常の動きで裾がこすられてめくれて丸まる原因になります。

そんな時にはパンツの素材を気にしてみるとか、ヴィーナスカーブの上からストッキングを履くという方法もあります。

どちらにしても、まずは正しいサイズ選びから行って下さい。

M-LサイズとL-LLサイズの2種類あります。

必ず採寸してから購入するようにして下さいね!

⇒ヴィーナスカーブのサイズをチェックする